1000円カットで髪の毛を切ってもらう人が、特に最近は増えています。そして1000円カットというと、出来上がる髪型に期待してはいけない気がしますが、実はあることを気をつけると良い髪型にしてもらえる可能性が高くなります。

その一つは、整髪料をつけたまま1000円カットに行かないことです。出来上がる髪型に期待していないから、整髪料をつけたまま行っている人は、損をしている可能性があります。整髪料をつけたままだと、クシが引っかかったり、髪の毛の長さが分かりづらい場合があるのです。これでは良い髪型にしてもらえません。

寝グセのある状態で1000円カットに行かない

1000円カットに行く時は、なるべく寝グセのない状態で行った方が良いです。しかし、カットする前に霧吹きをしてもらうから、寝グセがあってもあまり関係なさそうな気もします。

ところが、霧吹きをしても寝グセは完全にとれないのです。そのため、寝グセのある場所とない場所では、カットする髪の毛の長さが変わってしまう恐れがあります。

帽子を被ったまま1000円カットに行かない

1000円カットに行く時に、寝グセを直したいから帽子を被ったままの状態で行く人がいます。しかし帽子を被ると寝グセが消えたとしても、今度は帽子を被った跡が、残ってしまうのです。

もし長時間、帽子を被ったままだと、寝グセより強いクセが髪型についてしまう恐れがあります。そうなれば、霧吹きをしてもらってもその跡は消えにくいのです。帽子を被ることが、寝グセを直す良い方法だと考える人がいるかもしれませんが、かえって逆効果になる場合があるのです。

1000円カットに加盟する事のメリットはFC店の店名やノウハウを利用することが出来るため早期開業が可能な事です。