企業の方向性をイメージすること

企業のビジネスをいかにして拡大するかは経営者にとって頭の痛い問題ですが、手っ取り早い方法として他社を買収するといういわゆるM&Aを行うことが考えられます。もっとも、何も考えずにほかの会社を買えばよいというほど単純な話ではなく、ポイントは買収対象となる会社がいかに自社とシナジーを生み出せるかという点をあらかじめイメージしておくという点にあります。ビジネス分野がほとんど重複している会社を買収するのであれば規模の経済によって調達コストや販売コストを抑えることができるかもしれませんし、サプライチェーンの川上や川下の会社を手に入れようとする場合には新たなビジネスモデルを作り出すことができる可能性を得ることができるでしょう。シナジー効果によって買収費用を回収してさらに利益を生み出せるかどうかが経営者としての腕の見せ所となります。

M&Aを行うためのプロセスとは

ひとくちにM&Aといっても様々なタイプの案件が存在しますが、もっとも単純なパターンとしては一対一で交渉を行うというものがあります。もっとも、M&Aには税務、会計、法務といった専門分野の知識が要求されますので、一般的には専門家である税理士、会計士、弁護士のサポートを得て行うことが多いです。そのうえで、買収対象の実態を把握するためにデューデリジェンスと言われる調査を行い、そこで発見された問題点を解決するために契約上にいかなる条件を盛り込むべきかを検討して交渉することが重要となります。晴れて条件が合意できれば契約締結となりますが、そこから実際に株式を譲渡するために必要な各種手続きを終わらせて晴れて買収完了となります。

M&Aとは、企業の合併や買収を意味します。買主には会社規模や業務範囲の拡大、既存事業の強化などのメリットがあります。売主にも従業員の雇用の安定や後継者問題の解決など様々なメリットがあります。