確定申告には青色及び白色が存在します

フリーランス、あるいは個人事業を展開しているというようなケースでは、確定申告に関しては青色申告及び白色申告が存在します。白色申告については、事業を開始したばかりの人が選ばれる形式で、青色申告の様にあらかじめ申請することが義務付けられません。それから、出す必要な関係書類もあまりなく、帳簿に関しても単純なもので十分と定められています。しかしながら、白色申告に関しては青色申告で受けることができる特典が無いといえます。

白色申告と青色申告の主な特徴

白色申告においては、前もっての申請を必須としていません。それから、年間の売上高より経費を差し引いた事業所得より税金を支払います。その為、出す書類につきましては、収支内訳書及び確定申告書の2つのみになります。一方青色申告の利点は赤字を繰り越せることそれから、特別控除という形で10万円か65万円の節税が可能となっています。それらの他にも、親族に対しての給料を経費という形で計上でき、加えて小額減価償却資産の特例としまして、10万円以上の物を買いいれたとすると30万円未満である場合は、その年度の経費という形で一括して落とすことが認知されています。それから、青色申告においてはあらかじめ税務署へ所得税の青色申告承認申請書を出すことが不可欠です。申請書に関しては税務署へ訪問して受け取るか、或いは国税庁のホームページを経由してダウンロードすることもできます。提出期限があり、新たに事業を開始した場合と、白色申告より青色申告に差しかえる場合とで違ってきます。

白色申告は青色申告とは違い事前に申請する必要がなく、帳簿付けも簡単で個人事業主にとって便利な確定申告の方法です。